読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加重が重いからと言って良い訳ではない!

f:id:phalisyle:20170213092541p:plain

今日は、今年(2017年)の1月に、パーソナル筋肉トレーニングジム
「Zips(ジップス)へ2回、通って以来の2月最初の筋トレ

セッション。

筋トレ30分前にドリップポッドで沸かしたコーヒーを飲んで、カフェィン補給で心身とも興奮させて行った。

 

最近、Zipsでの重さに慣れたようで、一番キツイ「ブルガリアンスクワット」でさえ、以前よりキツイと思わなくなってたので、家での自主トレは、この店でのPOWERBLOCK(パワーブロック)の重さより、片方18kgで、両方合わせて36kgと、Zipsより9kg(片方4.5kg増加重)重くして、自己満足の筋トレをしてしまっていた。

 

f:id:phalisyle:20170223111129p:plain

なぜ「自己満足」なのか?

それは、Zipsの専属トレーナー氏から教えてもらったことだが、

「回数、重さではなくて、いかに筋肉に筋トレが効いてるか。」

ということで、実際、家での自主トレでは、筋トレが終わった後は、爽快な気分になるけども、脚のガクガク度が、以前より少なくなっていた。

そのことをトレーナー氏に言ったら、今日は、店でのいつもの加重の片側13.5kg(両方27kg)だけれども、「ブルガリアンスクワット」の脚の屈伸時の下ろすときに、ゆっくり且つ膝をいつもよりも落とすように指導されて・・・。

これが、キツイのなんの! 南野陽子(笑)

家での自主トレの加重より「9kg少ない」のに、膝はガクガク、ブルブルで、w( ̄o ̄)w、他の種目の~例えば~腹筋の時に終了時に仰向けから起き上がるのが、年寄風になってもぉ~~たぁ~~!


そこで、セッションが終わり帰り道をトボトボ歩きながら思ったのは、

「これって、トレーナー氏のパフォーマンスを引き出す技になるじゃん!」

なぜなら、家での自主トレ加重が、Zips(ジップス)のより大きいので、Zipsでのセッションより効いてる(実際は、オイラがそう思い込んだだけ。)とのことを婉曲的に、トレーナー氏に伝えたことになり、

彼からしてみれば、それなら

「本当のブルガリアンスクワットをで鍛えたる~~」

(笑)

となるでしょう!


ということで、今日のZips(ジップス)での筋トレは、大満足でしたぁ~~~~!